俳句座☆シーズンズ Haiku Za Seasons    ホーム 活動・入会案内 俳句Q&A ブログ 会員専用掲示板
白百合衆は、2006年3月に解散した「月刊ヘップバーン(黛まどか代表)」において、「ヘップバーン俳句賞」を受賞したメンバーにより組織されています。
俳句座☆シーズンズでは、会員指導及びマンスリー投句選者を務めます。

菅野奈都子松下美奈子高尾早弓石井優美子堤亜由美降矢とも子

<鈴蘭衆>
「鈴蘭衆」は、「白百合衆」が年間の実績等を考慮して選ぶ、 「シーズンズ俳句賞」受賞者であり、白百合衆のサポート役として 句会指導等にあたっています。

桐山陶子宮沢恵理美智子山本ゆうこ角田智子    鈴蘭衆のページへ

 

  菅野奈都子

福岡は2月半ばに初雪が舞い、本格的な春が 来ると思った矢先、新型コロナウイルス の影響が広がり、日常が一変。当たり前に思 える生活に、様々な人の力が関わっている ことを痛感。詠むことで自分の軸を保とうとする日々。

春寒料峭

転がして噛む飴玉や二月尽
冴返る半顔欠くる鬼瓦
閏日の雨に余せる紅茶かな
春寒料峭号外の手から手へ
落ちてまた生まるゝしづく梅見月
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ
 

  松下美奈子

念願だった谷中銀座へ出向いた。昭和 の佇まいの残る界隈は、なんだか東京 に居るとは思えないくらい、ほっと心 が和む。何より、句友と会えるともな れば嬉しさも一入。新たなウイルスの 登場で何かと騒々しいが、正しく怖れ つつ、群れずに行きたいところへ。

ひつそり

早仕舞して閏日の赤のれん
地下鉄の春のマスクの不穏めき
手をとりて惜しむ別れも朧の夜
お百度の石ひつそりと春の雨
男波また女波にまみれ子安貝
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ
 

  高尾早弓

先月から黛まどか先生のWEB連載が始まった春陽堂は 山頭火全集で有名な明治からの老舗ですが、 私にとっては江戸川乱歩や横溝正史を 刊行し続けた気骨ある出版社で、 そのぶれない姿勢は素晴らしいです。

折返し列車

舳より上ぐる水煙春浅し
早春のカリヨン海へこぼれたる
子安貝湊の宿の四帖半
バレンタインデー教会の屋根に鳥
折返し列車すぐ発つ百千鳥
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ
 

  石井優美子

辛抱の春、東京はお花見も憚られそうな空気。芹、壬生菜、 三つ葉、アスパラガスを天麩羅にして、桜塩とともに。 じゃこと和布のおむすび、出汁巻卵を添えて。せめてもの、花を恋う日の花見の膳。

薄紅

閏日のパーマネントの熱残る
命名は島の花の名子安貝
春火鉢裳裾ふれ合ふ巫女溜
糸蔵の闇を湛へて春の月
盃の底の薄紅真砂女の忌
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ
 

  堤亜由美

娘の学校の教育の柱のひとつに「まことの自由の追求」がある。「本当の自由って何だろう?」 休校になった娘と語らう春の宵。

先生の手

春雨や先生の手の大きこと
島の子に多き親類子安貝
街の灯を遠ざけてゐる朧かな
春の塵ひとり遊びの女の子
風光りけり教会の高き窓
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ
 

  降矢とも子

イベント自粛が広がる直前、 世良公則コンサートを鑑賞。 2500人のマスク姿の聴衆を 前にしても、力強い歌声と 朗らかな笑顔は変わらない。

記念館

久方の遠出に風の光りけり
閏日の閉館近き記念館
はめ殺しなる北窓を開きたし
しゆつと砥ぐ菜切包丁春浅し
子安貝撫でて恋歌流行り歌
バックナンバー  [2020] [2019] [2018] [2017] [2016] [2015] [2014] [2013] [2012] [2011]
[2010] [2009] [2008] [2007] [2006]        ページトップへ


2020.3.15更新